アルダラクリームジェネリック(イミキモドクリーム)通販について

アルダラクリームジェネリック(イミキモドクリーム)通販について

アルダラクリームのジェネリックであるイミキモドクリームは、尖圭コンジローマを治療する為の塗るタイプのお薬になります。

尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス感染症とも言われており、感染すると性器周辺にイボのようなできものが現れるSTD(性感染症)の一種です。

発症すると、イボ周辺に焼けるような痛みを伴い、性行為によってパートナーにも感染してしまう恐れがあります。

今までの治療法だと手術を行ったり、液体窒素で焼いたりする方法が一般的でしたが、イミキモドクリームを幹部に直接塗布することで治療することが可能となりました。

性器周辺に現れたイボを治療する為には、今までだと病院で陰部を医師に見せなければならないという恥ずかしさもありましたが、イミキモドクリームを使用すれば誰にも知られずに治療することができるようになります。

先発薬のアルダラクリームのジェネリック医薬品なので、安く購入可能となっている為、感染してしまった方にとっては非常に重宝されるお薬ですね。

イミキモドクリーム(アルダラクリームジェネリック)の通販はこちら
※リンク先は性病薬を扱う正規個人輸入代行サイトです。

尖圭コンジローマについて

性器疣贅(せいきゆうぜい)とも言われている尖圭コンジローマは、性行為によって感染するヒトパピローマウイルスによって、膣や陰茎、直腸などの周辺にイボのようなできものが現れます。

発症すると急速にイボが現れ、焼けるような痛みを伴います。

外見から確認することができる尖圭コンジローマは基本的には陰茎や膣の周辺にできますが、まれに子宮頸部や肛門に発症することもありますので、詳しい検査などが必要な場合があります。

※アメリカでは約140万人が尖圭コンジローマに感染し、約7900万人が潜伏状態のようです。

ヒトパピローマウイルスはオーラルセックスでも感染すると言われており、毎年感染者はどんどん拡大しているという調査結果もあるようなので、注意しなくてはならない病気です。

イミキモドクリームの効能・効果

アルダラクリームジェネリック(イミキモドクリーム)の効能・効果
イミキモドクリームには、有効成分イミキモド5%が含まれており、ウイルスに感染してしまった皮膚細胞を取り除いてイボを徐々に消滅させていく効果があります。

患部への塗布を続ける治癒期間については個人差もありますが、早くて1週間程度でイボが消失するというケースもあります。

また、塗布することによって抗ウイルス免疫力向上効果を見込むこともできるのです。

臨床試験では、再発患者は全体の6%に軽減、再発率の低さに関しては臨床機関のお墨付きというわけになりますね。

イミキモドクリームの正しい使用方法

イミキモドクリームは塗布するタイプのお薬としては珍しく、1日に1回しか塗ってはダメという決まりがあります。

塗る時間についてはいつでも構いませんが、清潔な状態で塗る必要があり、塗布した後は6時間から8時間ほどそのままにして、その後に石鹸などで綺麗に洗い流す必要がありますので、朝にお風呂に入ったりする人は就寝前に塗るのがお勧めです。

また、使用頻度については1日おきになりますので、週に3回程度となります。

治療を始めて1週間程度で、もし早く治ったとしても、再発防止の効果を見込むのだったら最低でも1ヶ月は継続したほうがいいでしょう。

人によっては治りが遅い場合もあるので、4ヶ月ぐらいは継続して使用したほうがいいかも知れませんね。

イミキモドクリームを使用する際の注意事項

アルダラクリームジェネリック(イミキモドクリーム)を使用する際の注意事項
正しい使用方法のところでも説明しましたが、塗る頻度は1日おき(2日1回)なので、毎日使用しないように注意しましょう。

治りが遅いからと言って頻繁に使用しても効果は見込めません。

むしろ肌に悪影響を与える可能性があるので、必ず用法・用量は守るよう心がけてください。

また、幹部以外には塗らないようにしてください。

もし間違って目に入ってしまったら、すぐに流水で洗い流して、もし視力に異常を感じたら眼科で受診することをお勧めします。

イミキモドクリーム副作用について

個人差はありますが、使用する方によってはいくつか副作用があるらしいので注意が必要です。

症状としては発赤やむくみ、かゆみや痛みなどがありますが、あまりにも症状が酷いようだったらお薬が体質に合わない可能性があります。

その場合はすぐに使用を中止して、副作用の症状が治まらない場合は病院で診察を受けましょう。

イミキモドクリームの併用禁忌について

基本的に、イミキモドクリームは他の外用薬と併用できません。

なので、もし現時点で皮膚科や形成外科などで塗布するタイプのお薬をもらっているならば、絶対に併用しないようにしましょう。

イミキモドクリームの購入方法

イミキモドクリームは、海外に拠点を置くグレンマーク社から取り寄せなくてはならないので、基本的には個人輸入と言う形で入手することになります。

ただ、一般の方が個人輸入するとしても、どうすればいいのか分かりませんよね。

そこで必要になってくるのが個人輸入代行サイトです。

このようなサイトを利用すれば、普通の通販サイトを利用するのと同じように海外で製造されているお薬(医薬品)を通販購入が可能となります。

どんな通販サイトで買うのが良いか?

個人輸入代行サイトの中には偽物薬を販売する悪質なサイトもあります。

そのようなサイトを避けて優良なサイトで購入する為には、長年運営を続けて信頼と実績を誇るサイトを選ぶ必要があります。

このようなサイトには利用者の数が多いので、レビューなどが頻繁に投稿されています。

逆にレビューも全くなく、サイトの作りも粗末なものだった場合は注意が必要です。

悪質なサイトはすぐに閉鎖して、表面のページだけ変えて再び悪質な運営を繰り返すので、これらを参考にて選ぶといいでしょう。

イミキモドクリーム(アルダラクリームジェネリック)の通販はこちら
※リンク先は性病薬を扱う正規個人輸入代行サイトです。

まとめ

尖圭コンジローマは陰部にイボのようなものができる症状で、病院に行くことに対して抵抗のあることが多いと聞きます。

病院での診察で、自分の性器を見せるのは恥ずかしいという気持ちがありますよね

ましてや、それが性病だなんて言われたら…。

ということで、自宅で誰にも知られずに尖圭コンジローマを治療できるアルダラクリームジェネリックのイミキモドクリームは非常に重宝されており、値段もかなりお手頃です。

もし性器周辺にイボのようなものがあって、自分が感染しているのではないかという心当たりがあったら、迷わず治療することをお勧めします。

イミキモドクリーム(アルダラクリームジェネリック)の通販はこちら
※リンク先は性病薬を扱う正規個人輸入代行サイトです。