クラミジアは早期発見・早期治療が重要です!

クラミジアは早期発見・早期治療が重要です!

クラミジアは日本でも感染率が高く、代表的な性感染症の1つです。

感染しても症状を引き起こさないことが多く、潜伏したまま知らないうちに性行為のパートナーに感染させてしまう可能性がある為、多くの人に感染が広がってしまうという特徴があります。

調査によると女性感染者の約75%、男性感染者の約50%が無症状だと言われており、早期治療を行わなければ感染者をどんどん増やしてしまいます。

クラミジアをいち早く治療する為に必要なのは、自分が感染しているのかどうかを知って、適切な治療法を受けることが最も重要なことになるのです。

クラミジアとは

クラミジアは最も一般的なSTD(性感染症)の1つで、抗菌薬で治療することが出来る細菌感染症です。

感染しても症状がすぐに現れるとは限らないので、自分が感染していることさえ分からずに相手に移してしまうことが多々あります。

非常に高い感染力を持っており、性行為における粘膜の接触によって細菌が移ります。

基本的には膣や肛門、口腔内のセックスによって広がっており、直接性器同士が触れ合わなくてもオーラルセックス等によって感染してしまう可能性もあります。

抗生物質などで容易に治療することも可能ですが、治療せずに放置すると将来的に重大な症状を引き起こして健康面で被害を受ける場合があるので注意が必要です。

男性と女性による症状の違い

実際にクラミジアを放置すると、どのような症状が起こるのか?

潜伏期間は1週間~3週間ほどと言われており、症状が現れると尿道からの分泌物が出てきたり、排尿時に痛みを感じたりすることがあります。

その他にも、尿道のかゆみや不快感が現れたり、精巣上部の腫れや軽い発熱・痛みなどが伴ったりすることもあります。

しかし、必ずしも症状が明確に発症するわけではありませんので、クラミジアに感染しているかどうかを判断するのは容易ではありません。

また、男性と女性によって、症状が若干異なってくる場合もありますので、1週間~3週間ほどで以下の症状が強く現れたら注意が必要です。

男性の場合

  • 尿道口から膿などが分泌
  • 排尿時に伴う痛み
  • 陰茎の先端や周りに伴うかゆみ
  • 睾丸周辺に伴うかゆみや痛み

女性の場合

  • 膣から悪臭を放つ分泌物
  • 月経間の出血
  • 腹痛による発熱
  • 性交時に伴う痛み
  • 膣内や周囲に伴うかゆみ
  • 排尿時に伴う痛み

クラミジアを放置するとどうなるか

クラミジアを放置するとどうなるか
クラミジアは風邪などを引いた際に処方された抗生物質などで治療される場合がありますが、基本的には自然治癒することはありません。

クラミジアを放置してしまうと、男性と女性によって症状は異なりますが、健康面で大きな弊害が生まれてしまう場合もあるのです。

男性の場合、適切な治療を受けずに放置することで、前立腺炎を引き起こす可能性があり、クラミジア尿道炎の約5%に精巣上体炎を発症してしまうことがあります。

最悪の場合、男性不妊症の原因となってしまうことがあるので注意が必要です。

女性の場合だと、子宮頸管炎から卵管炎へと波及してしまい、卵管狭窄を引き起こす可能性もあります。

卵管狭窄は、子宮外妊娠の原因となってしまうこともあり、さらに骨盤腹膜炎や肝周囲炎を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

また、クラミジアの感染患者はHIVに感染するリスクが3倍~5倍に跳ね上がる調査結果もあり、命に係わる危険も出てくる為、決して侮ってはいけない病気です。

クラミジア単体で見ると、そこまで大きな問題には発展しないように思えますが、放置すると取り返しのつかない症状を引き起こしてしまう恐れがあるのです。

感染を防ぐ為に重要なことは

感染を防ぐ為に重要なことは
クラミジアの感染を防ぐ為に最も重要なのは、一人一人が自らの状態をしっかりと把握し、事前に検査を受けておくことが重要となります。

感染しても症状が現れないこともあるので、自分がクラミジアに感染しているかどうか分からないまま性行為を行って感染を広めている可能性もあります。

そんな状況を未然に防ぐ為には、いち早く専門医の診断を受けて、感染していないかどうかをチェックする必要があるでしょう。

但し、病院に行くことが恥ずかしかったり、忙しくて時間がなかったりする方も多いとは思います。

そんな時は、インターネットで手軽に通販することが出来る検査キットを使用するのがお勧めです。

検査キットを使えば誰にも知られずに、自宅で簡単にクラミジアの検査を行うことが可能です。

一人一人がこうした周囲の人への気遣いが出来れば、クラミジアの感染率を大幅に減らすことが出来るようになるでしょう。

クラミジアを治療するには

クラミジアに感染してしまった場合、通常であれば医師から処方される薬で治療することが可能となります。

一般的には抗生物質、アジスロマイシンやドキシサイクリンによって治療します。

治るまでの期間は個人差もありますが、基本的には1週間~2週間ほどで治癒するでしょう。

但し、完全に治療されたかどうかを確認する為、治療を開始した一ヶ月後ぐらいに再び検査をしたほうが宜しいかと思われます。

特に、現状で異性のパートナーがいるのであれば、相手に移してしまわないように気遣ってあげる必要があります。

また、自分が感染している場合はパートナーも感染している可能性が高いので、一緒に検査を受けることも推奨します。

クラミジア感染の効果的な治療薬

クラミジアの治療薬については病院で医師から処方される薬の他にも、通販によって購入することが出来るジェネリック医薬品も多く存在します。

ジェネリック通販であれば、医師に知られることもなく、低価格で薬を手に入れることが出来るので、利用している人も年々増加しているでしょう。

その中でも人気が高く、クラミジアの治療薬として有名なのがアジー 1000mg (AZEE)です。

AZEE1000mg (ジスロマック・ジェネリック)
AZEE1000mg (ジスロマック・ジェネリック)
こちらはアザライドとして知られているマクロライド抗生物質のサブクラスに属しており、クラミジアや淋菌、非淋菌性尿道炎など様々な性感染症に使用されております。

その他にもレボフロキサシンという細菌感染症の治療薬も存在します。

レボフロキサシン250mg(クラビット・ジェネリック)
レボフロキサシン250mg(クラビット・ジェネリック)
感染の原因である細菌を殺して、クラミジアや淋菌、尿感染症や前立腺炎などを治療することが可能となっております。

上記のように、最近では病院で相談せずとも自宅で気軽にクラミジアの検査を行い、ジェネリックの治療薬を購入することが可能となっております。

あなたとパートナーとの大切な時間を守る為にも、クラミジアは早期発見をして早めに治療することが重要となっているのです。