ジスロマックジェネリック(アジー)通販について

ジスロマックジェネリック(アジー)通販について

ジスロマックジェネリック(アジー)は、クラミジアを治療する為の先発薬であるジスロマックのジェネリック医薬品です。

含まれている有効成分は先発薬とほぼ変わりなく、低価格で同等の効果を得ることが出来るということで人気が高まっています。

クラミジアは日本でもかなり感染率の高い性感染症で、しかも細菌に感染してもすぐに症状が出るわけじゃなく、しばらくの間は無症状で潜伏している為、自分が感染しているかどうか非常に分かりにくい特徴があります。

また、症状が現れた場合でも、性器を医師に見せなければならないという抵抗感が強い為か、病院へ行くのが嫌だという方も多いようです。

アジーは、そんなクラミジアなどの性感染症に悩んでいる方が、誰にも知られずに低コストで治療できるように開発された新しい治療薬となっているわけですね。

ジスロマックジェネリック(アジー)の通販はこちら
※リンク先は性病薬を扱う正規個人輸入代行サイトです。

ジスロマックジェネリック(アジー)の効能・効果

ジスロマックジェネリック(アジー)には有効成分アジスロマイシンが含まれており、効果は先発薬のジスマロックとほぼ変わりありません。

基本的にはクラミジア感染症の治療に用いられる薬となっておりますが、その他にも様々な効果があると言われています。

主に深在性皮膚感染症やリンパ管・リンパ節炎、扁桃炎や急性気管支炎・肺炎・肺膿瘍、その他にも尿道炎や子宮頸管炎・骨盤内炎症性疾患・副鼻腔炎・歯周組織炎・顎炎など、これらの症状の治療にも効果を期待出来そうです。

さらに、アジスロマイシンは細菌を殺傷する効果がありますので、クラミジアだけではなく淋病や梅毒などの治療にも使用することが出来るでしょう。

基本的には副作用などの症状も軽めの薬となっているので、病気の治療効果だけではなく安全性も兼ね揃えた低価格のジェネリック医薬品となっているのです。

ジスロマックジェネリック(アジー)の正しい飲み方

アジーには250mg、500mg、1000mgの3種類が販売されています。

どれを飲めばいいのかは症状によって異なりますので一概には言えませんが、大きく分けてクラミジアの治療に用いるか、クラミジア以外の治療に用いるかで用量が決まってきます。

クラミジアの治療に使用する場合は、1日1回1000mgを1錠、もしくは500mgを2錠か250mgを4錠服用します。

クラミジア以外の場合は、1日1回500mgを1錠、もしくは250mgを2錠となります。

もしクラミジア以外の治療をしたいけど1000mgしか持っていない場合はピルカッター等で半分に割って服用しても構いません。

基本的に食事の影響は受けませんが、食後は最低でも2時間以上空けるようにしたほうがいいという情報もあり、服用後は2時間以上は食事を摂らないようにしたほうがいいという情報もありますので、服用する前後2時間は食事を摂らないように注意しておきましょう。

ジスロマックジェネリック(アジー)の服用する際の注意事項

ジスロマックジェネリック(アジー)の服用する際の注意事項
用法・用量を守れば特に注意することはありませんが、もしクラミジアなどの性病を治療する際は、パートナーの相手に移してしまわないよう注意しましょう。

また、クラミジアは潜伏期間がありますので、どちらか片方が発症した場合はお互いに感染している可能性がありますので、その場合は二人共きちんと検査をして一緒に治療するようにしましょう。

ジスロマックジェネリック(アジー)副作用について

アジーは基本的に副作用が少ないと言われていますが、それでも副作用が現れる可能性はゼロではありません。

以下は、アジーを服用した際に、ごく稀に一部の人に現れた症状の一覧です。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 胃痛
  • 発熱
  • かゆみ
  • 倦怠感

上記のような症状が現れた場合は注意が必要です。

時間の経過と共に治まる場合がほとんどですが、もし時間が経っても症状が治まらなかったり、明らかに強い異常を感じた際は、すぐにお近くの病院で診察を受けたほうがいいでしょう。

ジスロマックジェネリック(アジー)の飲み合わせの悪い薬・併用禁忌について

アジーにはいくつか飲み合わせの悪いお薬があります。

併用して服用すると、思わぬ副作用が現れる可能性がありますので注意してください。

以下の薬はアジーと相性が悪いと言われている薬の一覧です。

  • レボキセチンなどの抗鬱剤
  • ネルフィナビルなどのHIV治療薬
  • メチルセルギドなどの偏頭痛治療薬
  • 消化不良や胸やけなどの治療薬制酸剤

これらは相性が悪い薬となっており、別の薬の効果が弱まってしまったり、血中濃度を高めて薬が強く効きすぎてしまったりすることもあります。

現時点で何らかの薬を常用している場合は、薬剤師などの専門の人に相談したほうがいいかも知れませんね。

ジスロマックジェネリック(アジー)の購入方法

アジーを購入する際、原則的に病院で処方してもらうことは出来ません。

それには理由があって、アジーはインドに拠点を置くシプラ社という会社が製造・販売しており、日本では認可が下りていないのです。

もちろん、日本で認可が下りていないからと言って危険な薬というわけではありません。

厚生労働省の様々な手続きに時間がかかって認可が下りていない薬がたくさんあるのです。

では、海外で販売されている薬をどうやって買えばいいのか?

それは、個人輸入という形で取り寄せればいいのです。

個人輸入って言われても面倒な手続きがあるんじゃないか心配する人も多いと思いますが、そこはご心配には及びません。

今は便利な世の中となっており、個人輸入を代行してくれる通販サイトがあるのです。

面倒な手続きは全てサイト側が行ってくれるので、利用者側で面倒な手続きが必要になることは一切ありません。

アマゾンや楽天のように、普通の通販サイトを利用するような感覚で利用することが出来るのです。

どんな通販サイトで買うのが良いか?

海外で製造・販売されているジェネリック医薬品を個人輸入代行という形で販売してくれるサイトですが、これにはいくつかのサイトが存在しており、中には偽物を発送したりする悪質なサイトも存在しております。

今回は、悪質なサイトを避けて、安心・安全に購入することが出来る優良なサイトを見極めるポイントをお伝えさせて頂きます。

①長年運営しているサイト
悪質なサイトは何か問題が起こるとすぐに閉鎖してしまいますので、長年運営しているサイトを選んだほうがいいということですね。

②URLがコロコロ変わらないサイト
悪質なサイトは何か問題が起きた際にURLを変えて改めて運営する傾向があります。

URLがもしコロコロ変わるようなサイトだったら、そこは悪質な運営をしている可能性が高いということになります。

③レビューがきちんと書かれているサイト
レビューが書かれているということは、それだけ一般の利用者がいるということになります。

もし悪質な運営をしているサイトならば、リピーターの顧客などもいないでしょうから、レビューが書かれることはありません。

もし書かれていたとしても、悪質なサイトだという注意喚起をする為の内容がほとんどです。

以上のことに気を付けてサイトを見極めれば、きっと優良なサイトで目的に合った薬を手に入れることが出来るようになるでしょう。

ジスロマックジェネリック(アジー)の通販はこちら
※リンク先は性病薬を扱う正規個人輸入代行サイトです。

まとめ

クラミジアは生殖器をつたってあちこちに広がってしまうと、様々な合併症を引き起こすとも言われています。

性感染症は自分自身だけではなく、性行為を行うパートナーにも深く関わってくる病気です。

放っておけばそのうち治るという安易な考えは捨てて、ちょっとでも怪しいと思ったらすぐに病院へ診察を受けてください。

あなたとパートナーの素敵な時間を少しでも長く続けていく為にも、性病検査は大人のエチケットとなっておりますので、この機会にぜひ見つめなおしてみていかがでしょうか。

ジスロマックジェネリック(アジー)の通販はこちら
※リンク先は性病薬を扱う正規個人輸入代行サイトです。